調剤業務の手順と実務内容について|調剤薬局事務の調剤知識

調剤調製技術は薬剤師の基本業務

 調剤薬局事務は、薬剤師が調剤した薬の調剤録と処方箋の管理、薬袋・薬札・薬情の作成、薬歴簿の作成などを行います。

そのためには、調剤薬局事務として薬剤師が行う調剤業務の基本的な流れや内容について理解しておくことで、仕事をよりスムーズに進めることができます。

また、安全で迅速な調剤調製技術に関しての知識は重要で、調剤調製技術は、薬剤師の基本業務です。

ここでは、薬剤師がどのように調剤業務を行っているのか基本的な調剤方法を解説しますが、薬剤の種類や設置機器により調剤方法が異なるケースもあります。

最近の調剤技術について

 調剤に関して最近では規格品の使用や設備導入進み、簡単に効率的に調剤業務を行なえるように変わってきています。

錠剤や散剤の大半はヒート品を使用し、外用薬は計数調剤といって規格品を必要数取りそろえる方法が主となっています。

調剤業務の手順と実務内容記事一覧

散剤の調剤手順と内容

散剤調製の手順薬品の取り出し薬品名・規格・剤形確認秤量秤量の総量を記録混合必要な場合、賦形追加分割分包分包数確認監査台へ散剤調製手順秤量業務開始時には、まず水平や0点調整などの天秤の点検を行ない、その後の作業では秤量の都度に必ず確認するようにします。製剤量もしくは成分量での処方記載方法であるかの確認...

≫続きを読む

錠剤とカプセル剤の調剤手順と内容

 錠剤やカプセル剤は、次のような手順で調剤を行ないます。錠剤の調剤手順についてヒート錠調製薬品の取り出し 薬品名・規格・剤形確認数量調整 ヒート破損等の確認輪ゴム止め監査台へバラ錠粉砕薬品の取り出し 薬品名・規格・剤形確認数量調整 1回量の確認分割分包監査台へ一包化調製薬品の取り出し 薬品名・規格・...

≫続きを読む

内服薬の調剤手順と内容

内服薬の調剤手順について 次の手順で内服薬の調剤は行われます。薬品取り出し薬品名・規格・剤形確認投薬びん選択秤量総量から秤量秤重量記録投薬びん充填目盛り投与目盛りまでメスアップ又はキャップ投与最小量メスアップ投薬びんマーキング鑑査台へ内服薬の調剤手順調製投薬びんの種類は、処方の総量と日数によって選択...

≫続きを読む

外用軟膏剤と外用薬の調剤手順と内容

外用軟膏剤の調剤手順について 次の手順で外用軟膏剤の調剤は実施されています。調剤工程手順調製(混合、充填)酒精綿などで混合および充填する軟膏板、軟膏ヘラは、しっかり消毒してから使用します。薬品名及び軟膏・クリームなどの剤形と処方せんとをしっかりチェックして取り揃えます。軟膏つぼの充填は、擦り切りにし...

≫続きを読む

薬の監査業務手順と内容

 調剤業務が終了すれば患者さんに薬を渡す前に最終監査を実施します。最終鑑査の事前準備について 最終鑑査を行う前には次の事項に注意して実施します。鑑査台の整理整頓原則、最終鑑査者と調剤者は別の人が行うが、薬剤師が複数いない場合は、思いこみをさけ客観的に監査する他業務との並行作業で監査は行なわない処方鑑...

≫続きを読む

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を3分で無料一括請求でき、じっくりと詳細内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!


調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格