一般用医薬品(市販薬)インターネット購入の注意点

一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売が、6月12日に解禁されましたが、ここではインターネット注文で一般用医薬品(市販薬)を購入する際の注意点について解説します。

薬事法改正前、市販医薬品は、副作用のリスク状況に応じ第1類から3類に分類され、インターネット販売が可能なものは、3類だけでした。

ところが医薬品のネット販売業者が、「3類だけしか販売できないの違法だ」と国を提訴し、2013年1月に第1類と2類をネット販売禁止にしているのは「違法」だという判決が最高裁より言い渡されました。

この判決を受け国は薬事法を改正しました。

インターネット注文での購入ルール

では実際の購入手順はどうなっているのか確認していきましょう。

1.利用者はお店のサイトで薬を選び、次のような項目を明確に記載したメールを送付して注文します。
・性別
・年齢
・症状
・持病の有無と病名
・妊娠の有無

2.店側は注文内容を確認し、薬の使用に問題がないと判断すれば薬を発送します。
但し、第1類などの副作用リスクが高い医薬品に関しては、薬剤師が必ず対応し次の内容を確認する義務が生じます。

・使用方法や使用時の注意事項
・利用者が薬に関する情報を理解したかどうか

3.利用者は薬剤師から送付された「薬の使用方法や使用時の注意事項」を理解できれば、その旨を返信します。

4.薬剤師は、利用者の「理解しました。」という返事を確認した後、薬を発送します。

現在、インターネット経由で購入可能な医薬品は市販薬全体の99.8%ですが、購入不可となっている薬は、医師が指示する医療用処方薬から転用され3年以下の医薬品及び劇薬指定になっている薬が該当します。

インターネット注文で購入する場合の注意点

インターネット経由で、一般用医薬品(市販薬)が購入できるようになったことは、地理的に不便な地域に住んでいる人や、遠方まで出歩くことが出来ない人にとっては大変便利ですが、逆にリスクもあることをしっかりと認識し、次のことに注意する必要があります。

@安心できるサイトから購入する。
A購入金額の安さだけで薬を決めない。
B事前に持病や症状を正しく伝達する。
C医薬品の使用上の注意事項などしっかりと確認する。
D薬に関する疑問や不安事項などは販売業者に必ず問い合わせる。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

現在の改正薬事法案の中身と問題点
改正薬事法が施行され一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売が解禁になりましたが、改正薬事法で残る課題と問題点について解説しています。
一般用医薬品(市販薬)インターネット販売解禁について
一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売解禁の具体的内容について解説しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格