薬局と医薬品卸MSとの関わり方・仕事内容について

 調剤薬局などに調剤薬局事務として就職し仕事をしている人の中には、MS担当者と薬剤師とが医薬品について情報交換してる場面を見かける時もあると思います。

調剤薬局事務の業務を行う上で、MS担当者がどのような業務を行っているのかについて基礎的な知識を理解しておくことが必要です。

なぜなら、薬剤師だけでなく調剤薬局事務職員とも直接やり取りするケースがあり、将来的にも仕事の幅を広げることに繋がると思います。

MSの業務内容

 では、MSとは何かというと、医薬品卸販売会社の営業担当者のことをこのように呼びます。

MS=医薬品卸販売会社営業担当者と覚えておいて下さい。

主な業務内容は、次の3点です。

  1. 医療機関や保険薬局へ営業販売を行います。
  2. 医薬品について医師・薬剤師・薬局事務員・MRとの情報交換も行います。
  3. 流通する医薬品の販売価格の決定権限があります。

医療機関・薬局への営業販売について

 MS(医薬品卸販売会社営業担当者)は、薬局や病院へ営業し注文をもらえば、医薬品を配達し納品することがメイン業務になります。

特に、一般の物品販売とは異なり、薬の場合は緊急で一刻も早く薬を持ってきてほしいというような注文が入ることも少なくありません。

これは、一般的に流通している医薬品ではなく、特殊なものも少なくなく、迅速に薬を届けないと患者さんの人命に直接影響することもあるからです。

 また、最近のMSの役割としては、改善提案型、問題解決型のコンサルティングやソリューション営業で、医薬品情報の提供だけに留まらず、医療行政の最新情報、医業経営や開業などについてもアドバイス支援できるレベルが要求されています。

医師・薬剤師との情報交換について

 MSは、病院や薬局に対しても医薬品の最新情報などを提供し営業し販売促進することも大切な仕事になります。

また、最近の医薬関連の購買傾向としては、医療提供や医薬品についての価格状況に関する情報提供を行うこともMSが担う重要な役割となっています。

これは、患者だけでなく医師もより安くて安全な医薬品を求めていることが大きな要因となっているからです。

MSとMRは何が違うのか

 再度MRとMSを確認すると、MR=製薬会社医薬品情報担当者、MS=医薬品卸販売会社営業担当者となりますが、MRの場合は、各製薬会社に従事する従業員であり、医薬情報の担当者という立場にあります。

そのため、所属している各製薬会社が販売しているの医薬品のみについての情報提供がメイン業務になります。

一方、MSの場合は、医薬品卸会社に従事する営業販売担当者という立場なので、様々な製薬会社の医薬品に関して営業販売を行うために情報提供を行うことが可能で、各製薬メーカーが販売している医薬品について、医師・薬剤師などに次のような事に関して情報提供していますが、内容は様々です。

  • 医薬品の評判や評価について
  • 医薬品の販売価格について
  • 同じ効き目がある医薬品が複数販売されている場合の違いについて

 また、MRの場合、ほとんどが医師、薬剤師とのみ医薬品の情報交換を行ないますが、MSは、これらの専門職以外の薬局の事務職員やMRとも情報交換を行なっている点が異なっています。

まとめとして、MSは、医師・薬剤師とは、最新情報も含めた医薬品情報についての情報提供や情報収集を行う役割があり、また、病院などの医療機関・薬局には、注文された医薬品の注文に応じ納品するなどの業務を行っているということです。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を3分で無料一括請求でき、じっくりと詳細内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

薬局と医師の関わり方|調剤事務の予備知識
調剤事務職員の職場でもある薬局では、特に薬剤師と医師と密接な関わりを持っていますが、ここではそれらの関係や関わり方について解説しています。
薬局と製薬会社のMRとの関わり方|調剤事務の予備知識
調剤事務職員の職場でもある薬局では、製薬会社のMRとも関わりを持っていますが、ここではそれらの仕事内容や関わり方について解説しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格