●知識を高め、スキルアップするためにはどんな方法があるの?  事務職員として働いているのであれば、登録販売者などをめざすこともスキルアップにつながるでしょう。 給与的にも資格手当てなどを支給している調剤薬局もあります。 ●本書ではどんな知識が身に付くの?  本書では、調剤報酬制度の知識や社会保険や国民健康保険、後期高齢者医療制度などの公的医療保険に関するしくみが学習できます。 更に、模擬処方策を用いて実務に則した算定練習が可能です。 また、調剤報酬事務の検定試験過去問題や登録販売者の過去問題についても巻末資料として掲載しています。調剤事務を目指し勉強する方はもちろんのことステップアップに登録販売者を目指す方にとつても有益な内容にしています。 ●どんな勉強の仕方があるの?  調剤報酬事務の学習は様々な団体が実施しています。 社会人の方を対象とした短期講座(20時間〜50時間程度)や、最近多くなっている雇用保険を財源として実施されている求職者支援講座などでも医科医療事務に加えて調剤報酬の講義を導入しているヶ−スも多くみられます。 また、短期大学や専門学校においても科目として取り入れている場合があります。 皆さんのライフスタイルに合った講座を探してみましょう。 上記のうち、求職者支援講座においては概ね次のようなカリキュラムで実施されています。  ・病院概論      3時間  ・医療保険制度   12時間  ・医学知識、接遇  12時間  ・診療報酬請求事務 54時間  ・調剤報酬請求事務 36時間  ・明細書作成演習  60時間  ・医事コンピュータ 18時間  合計195時間  求職者支援講座の多くは324時間で実施されています。 残りの時間はパソコンなどの教養科目の学習をしています。(状況提供株式会社イング)
◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

今後も重要性が増す調剤報酬請求事務
保険薬局を取り巻く社会環境に伴う調剤報酬請求事務を担う調剤薬局事務の重要性や今後の動向について紹介しています。
調剤報酬請求業務(レセプト業務)とは
調剤報酬請求業務(レセプト業務)とはなにかについて、このページで紹介しています。
調剤報酬とは何か
保険調剤と調剤報酬とは何か、調剤報酬算定の項目と計算の概略などについて説明しています。
調剤報酬点数表とは
厚労省や日本薬剤師会が公開している調剤報酬点数表の最新版です。
お薬代の計算例
調剤薬局事務が、実務でお薬代の計算をする例をこのページで紹介しています。
保険調剤薬局とは
保険調剤薬局とは何か、事業収入は、ドラッグストアとの違いは、処方箋を取り扱えない薬局とは、薬局の店舗数は、などよくある疑問について紹介しています。
保険薬剤師や登録販売者とは何か
保険薬局に従事する専門職である保険薬剤師と登録販売者の資格や仕事の概要について紹介しています。
保険薬・後発医薬品について
保険薬とは何か、薬価基準の決め方、後発医薬品の定義や普及状況について解説しています。
調剤薬局の専門資格
調剤薬局に従事している専門資格職である薬剤師・登録販売者・調剤薬局事務の特徴について紹介しています。
調剤薬局での必要な知識と働き方

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格
ページトップへ戻る