調剤報酬について

調剤報酬は以下の4つから成り立っていますが、ここでは4つの調剤報酬とは何かについて説明していきます。
  1. 調剤技術料
  2. 薬学管理料
  3. 薬剤料
  4. 特定保険医療材料料

調剤報酬について記事一覧

調剤報酬請求業務(レセプト業務)とは

調剤報酬と請求方法 保険調剤によって得られる報酬を調剤報酬と呼びます。調剤報酬の点数や算定方法は、厚生労働大臣によって規定されており、薬局独自で勝手に報酬価格を決定することはできません。但し、一般医薬品や化粧品の販売価格は、それぞれの薬局で独自に価格を決めることができます。医療全般の価格設定を制限し...

≫続きを読む

調剤報酬とはなにか

調剤報酬とはなにかについて説明します。保険診療のもと、医療機関(病院や診療所)から発行された処方箋をもとに、薬剤師が保険薬局にて、調剤行為を行うことを「保険調剤」といいます。保険調剤は、国民皆保険制度により国の基準にそって運用されており、調剤及び服薬指導に対する価格や医療機関で処方される薬の値段は、...

≫続きを読む

調剤技術料とは

調剤技術料とは、処方箋の指示に従い薬剤師が処方薬を調剤する作業に対して支払われる技術料です。薬の種類によって、頓服薬、内服薬、外用薬、注射薬で細かく点数が分類されています。さらに、残業・休日出勤・夜間勤務などの定時間外勤務や、後発医薬品(ジェネリック医薬品)を利用した場合などにも加算点数が付きます。...

≫続きを読む

薬学管理料とは

薬学管理料とはなにかについて説明します。調剤薬局の役割としては、薬を処方して患者さんに渡すだけで終わりではありません。患者さんが複数の薬を服用している場合などは、特に注意が必要で、処方された薬の組み合わせや薬のアレルギーなどによって、副作用などが発生する可能があります。このようなことを防止するために...

≫続きを読む

薬剤料とは

調剤報酬の中では、やはり薬の比率が一番多く中心になってきます。 薬の報酬にもいろいろと種類があり、国の基準によって調剤報酬点数表により点数と価格がきめられています。調剤薬局では、患者さんの病気の症状によっても、処方薬の種類がそれぞれ異なり、それにともなって報酬も異なってきます。この報酬を「薬剤料」と...

≫続きを読む

特定保険医療材料料とは

特定保険医療材料とは、薬を処方する際に、特定して用いられる医療材料のことです。具体的な例をあげますと、例えば、患者さんが糖尿病などを発症し治療を続けている人がいた場合、通常は医師によってインシュリンという薬を処方されることになります。基本的にこのインシュリンは、飲み薬のように服用はしません。注射器に...

≫続きを読む

調剤報酬点数表とは

調剤報酬点数表とは、厚生労働省より告示されています。最新情報は、中央社会保険医療協議会総会資料を参照して下さい。調剤報酬点数表(平成24年度版)は、日本薬剤師会が分かりやすくまとめて公表しているものは次のようなものです。参考にして下さい。日本薬剤師会の調剤報酬点数表(平成24年4月1日施行)

≫続きを読む

お薬代の計算例

調剤薬局事務が、実務でお薬代の計算(調剤報酬の算定)をする例としては以下のようなものになります。参考にして下さい。お薬代の計算方法について●お薬代金の計算方法について 【質問】 病院で薬をもらう場合、A薬を、@1日1錠として、2週間分もらうときの支払い金額とA1日3錠として、2週間分もらうときの支払...

≫続きを読む

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を3分で無料一括請求でき、じっくりと詳細内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!


調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格