薬を使用する際に特に注意するポイント

 薬の使用時に特に注意することことは次の3点です。

1. 薬の使用時、高齢者が特に注意すべき点

 高齢者には次のような特有の健康状態が考えられますので、その事を考慮して薬を使用する必要があります。

  • 複数の病気を患って薬を何種類も併用している方が多いので、使用期間が長期になる場合があります。
  • 肝臓や腎臓は薬を代謝したり排泄する役割がありますが、その働きが衰えている事が多いようです。

これらの事を十分考慮して薬を使用しないと薬の効力が過剰になったり、副作用が起こる場合があります。

医師や薬剤師からの指示や説明されたことを必ず守り、薬の服用時間や使用する量など、正しく使うよう注意する必要があります。

2. 複数の薬を併用する時の注意点(飲み合わせ)

 複数の薬を同時に服用する場合は、飲み合わせについて注意する必要があります。

薬の組み合わせによって成分が互いに影響しあい、効き方にも大きく差が出ることがあります。

過剰に効くと副作用が起こり、効かない場合は症状が改善しません。
この状態では治療の妨げになり病気が長引くことにもなります。

病院で診療を受ける場合や薬を購入する時は使用中の薬を医師や薬剤師に明示しましょう。

3. 薬の正しい飲み方

薬を飲む時の水や湯の量は?
コップ1杯程度です。

水の量が少ないと、のどや食道の粘壁に薬が張りつき炎症をおこす場合があります。

また量が多いと薬の吸収がよくなります。

薬の飲み忘れに気づいた場合どうするか?
気づけばその時にすぐ飲むようにします。

基本は気づいたその場ですぐ飲むことですが、すぐ飲んではいけない種類の薬もあるので、薬をもらう時には必ず薬剤師・医師などの専門家に尋ね確認ておくようにして下さい。

授乳中の赤ちゃんがいる場合、母親が飲んだ薬は影響するか?
影響します。

授乳中の人は必ず医師や薬剤師に話しましょう。

使用する薬の成分が赤ちゃんに影響する場合があるので、一時的に授乳をストップする必要がある場合も考えらてます。

病院などで自分がもらった薬を他人にあげてもよいか?
ダメです。

薬は、患者さんの年齢、体質、症状を考慮し適切に処方されたものなので、他人も同じ病気だから薬も効くだろうといった安易な考えだけで他人にあげることは厳禁です。

医療事故につながる場合がありますので、医師からの処方薬は自分だけで使用しましょう。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を3分で無料一括請求でき、じっくりと詳細内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

薬の分類方法|調剤事務 薬の知識
薬の分類方法のページでは、主な3つの薬の分け方について詳しく説明しています。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは|調剤事務 薬の知識
ジェネリック医薬品(後発医薬品)と新薬(先発医薬品)の違いやメリットについて解説しています。
健康食品の種類・機能|調剤事務 薬の知識
調剤薬局やドラッグストアで販売されてい健康食品の種類や機能性について解説しています。
プラセボとは|調剤事務 薬の知識
プラセボとは何か?新薬開発でのプラセボの影響や使用時の効果について解説しています。
薬を安全に使用するには|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で薬剤師から処方された薬を患者さんが安全に使用するための注意点を紹介しています。
薬を正しく使用するには|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で処方された薬を患者さんが正しく使用するため、説明文書,服用のタイミング,用法,用量,薬剤形状の4つのポイントを紹介しています。
薬の剤形と飲み方・使い方|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で処方される薬の効果を発揮しやすいような飲み方や薬の剤形の意味・使用時の注意点について解説しています。
薬の注意書きの意味|調剤事務 薬の知識
調剤薬局などの処方薬を服用する場合は、水で飲むのが基本です。ここでは薬の注意書きの意味、服用忘れの対処法について解説しています。
薬の正しい保管方法|調剤事務 薬の知識
処方薬の正しい保管方法や注意点について解説しています。
薬の作用が変化する要因(吸収・分布)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の吸収・分布の作用が変化する要因について解説しています。
薬の作用が変化する要因(代謝)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の解毒・分解など代謝が変化する要因について解説しています。
薬の作用が変化する要因(排泄・食物)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の排泄作用が変化する要因、薬の薬効を阻害する注意すべき食物ついて解説しています。
薬の副作用と防止する方法|調剤事務 薬の知識
薬の副作用と防止する方法について解説しています。
かかりつけ薬局、薬剤師、登録販売者の役割|調剤事務 薬の知識
薬剤師と登録販売者の役割とは何か?かかりつけ薬局の選び方について紹介しています。
かかりつけ薬局を作るメリット|調剤事務 薬の知識
かかりつけ薬局を作るメリットについて紹介しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格