ドラッグストアの職場環境や特徴について

調剤薬局事務の勤務先としては、ドラッグストアにもニーズがあります。

ドラッグストアとはなにかというと、日本チェーンドラッグストア協会では、「医薬品と化粧品、そして、日曜家庭用品、文房具、フィルム、食品等の日用雑貨を取扱うお店」と定義されています。

ドラッグストアでは、一般医薬品を取り扱うために、営業時間中は、必ず薬剤師を1名、お店に在籍させることが義務付けられています。

また、医薬分業の流れや2009年6月の薬事法改正に伴い、院外処方箋を発行する病院や診療所が増加してきたことにより、ドラッグストア店内に調剤室を設けて調剤併設とし、処方箋に基づき薬の処方も行うようになるドラッグストアも増えてきました。

日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が発表した「2008年度日本のドラッグストア実態調査」によると、全国のドラッグストア総店舗数は15,625店舗で、前年よりも241店舗増加しているとのことです。

2000年度よりデータが収集されており、日本のドラッグストア業態の動向と変化を明らかにすることが目的です。

また2000年度の調査以降、店舗数と総売上高は、毎年のように増加しており、健康ブームともあいまって、ドラッグストアが国民生活に深く浸透し拡大していることがわかります。

現在では日本各地で多くのドラッグストアの店舗が開店しています。
この流れは今後も進んでいくと考えられますので、本格的にドラッグストアが調剤薬局の業務を行うとなると、調剤薬局事務の必要性も全体的に高まります。

そすると調剤薬局事務の人を採用する会社も多くなり、調剤薬局事務のお仕事を目指している人にとっては、就職する機会がますます飛躍的にアップすることも考えられます。

このような現状から、今後は調剤薬局事務の人材へのニーズがますます高まってくるのではないかと見られています。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

調剤薬局の特徴・職場環境|調剤薬局事務の職場
調剤薬局事務の勤務先として一番多いのが調剤薬局になります。このページでは、調剤薬局の職場環境や特徴について紹介しています。
病院の特徴・職場環境|調剤薬局事務の職場
調剤薬局事務の勤務先として病院もあります。このページでは病院の特徴や職場環境について説明しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格