プラセボと効果について

 薬にはプラセボというものがありますが、医学辞典では「気休め薬」と説明されています。

最近では、プラセボ(偽薬)による薬効としては良いものや悪いものがあることが認められており調査研究で主に使用されています。

プラセボは本物の薬と同じにみえるよう作られた物ですが、不活性物質のデンプンや砂糖のようなもので作られており内容的には薬の成分は入っていません。

プラセボの有効性について

 プラセボの効果には、結果的に良いものや悪いものがあり体にさまざまな変化をもたらしますが、このような現象をプラセボ効果といいます。

良い効果をもたらす場合は、薬の服用により患者さんが安心し、病気が治癒されるだろうという期待による結果(自己暗示性)と、人間は治療しなくても自然治癒能力により病気が自然に回復し良くなることがあり、これは実際は薬の効果とは関係ありません。

プラセボの服用後の結果については、良い結果がでたからプラセボは良く効くとほめるのも、逆に悪い結果がでたからといってプラセボは役にたたない薬だと批判するのも適切ではありません。

なぜこのような薬効の違いがみられるかというと、病院や医師、看護師、薬に対してもともと肯定的な考えをもって信用している人は、否定的な意見をもつ人よりもプラセボ効果が良い結果を生じやすい傾向を示すことがあります。

 但し、このような傾向を示す人の一部には、プラセボの影響をとりわけ受けやすく、薬の使用に関して強迫的観念に陥りやすい傾向もあります。

薬(プラセボ)に頼りすぎるあまり使用量が多くなっていき、薬を取り上げられると禁断症状を起こすことまであり注意が必要です。

二重盲検試験とは

 新薬開発の過程での試験方法として二重盲検試験があり、研究者は本当の薬の効果とプラセボの効果を比較検証する試験を実施します。

どのような薬でも実際の薬効成分による作用とは関係なくプラセボ効果をもつ可能性があるからです。

 二重盲検試験の実施方法としては、被試験者の半数には本物の薬を投与し、残りの半数には本物の薬と同じようにみえるプラセボ薬を投与します。

研究者と被試験者はだれが本物の薬を服用し、だれがプラセボ薬を服用したかをわからないようにするのが原則です。

試験終了後、本物の薬を服用した被試験者とプラセボを服用した被試験者のすべての変化を比較検証します。

最終的に薬の薬効や使用を認めるには、その薬の効果がプラセボよりも優れていることを証明しなければいけません。

試験結果の実例としては、プラセボを服用した被試験者の半数の人が病状が好転することもあり、薬効の有効性を試験などで実証するのは研究者にとって、大変困難を極める仕事であるといえます。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を3分で無料一括請求でき、じっくりと詳細内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

薬の分類方法|調剤事務 薬の知識
薬の分類方法のページでは、主な3つの薬の分け方について詳しく説明しています。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは|調剤事務 薬の知識
ジェネリック医薬品(後発医薬品)と新薬(先発医薬品)の違いやメリットについて解説しています。
健康食品の種類・機能|調剤事務 薬の知識
調剤薬局やドラッグストアで販売されてい健康食品の種類や機能性について解説しています。
薬を安全に使用するには|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で薬剤師から処方された薬を患者さんが安全に使用するための注意点を紹介しています。
薬を正しく使用するには|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で処方された薬を患者さんが正しく使用するため、説明文書,服用のタイミング,用法,用量,薬剤形状の4つのポイントを紹介しています。
薬の剤形と飲み方・使い方|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で処方される薬の効果を発揮しやすいような飲み方や薬の剤形の意味・使用時の注意点について解説しています。
薬の注意書きの意味|調剤事務 薬の知識
調剤薬局などの処方薬を服用する場合は、水で飲むのが基本です。ここでは薬の注意書きの意味、服用忘れの対処法について解説しています。
薬の使用時に特に注意すること|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で処方された薬の使用時、高齢者が使用する場合や薬の飲み合わせは特に注意する必要があります。
薬の正しい保管方法|調剤事務 薬の知識
処方薬の正しい保管方法や注意点について解説しています。
薬の作用が変化する要因(吸収・分布)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の吸収・分布の作用が変化する要因について解説しています。
薬の作用が変化する要因(代謝)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の解毒・分解など代謝が変化する要因について解説しています。
薬の作用が変化する要因(排泄・食物)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の排泄作用が変化する要因、薬の薬効を阻害する注意すべき食物ついて解説しています。
薬の副作用と防止する方法|調剤事務 薬の知識
薬の副作用と防止する方法について解説しています。
かかりつけ薬局、薬剤師、登録販売者の役割|調剤事務 薬の知識
薬剤師と登録販売者の役割とは何か?かかりつけ薬局の選び方について紹介しています。
かかりつけ薬局を作るメリット|調剤事務 薬の知識
かかりつけ薬局を作るメリットについて紹介しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格