医療保険制度の知識

医療保険制度について解説しています。

医療保険制度の知識記事一覧

医療保険制度とは何か

医療保険制度の改革の流れ健康保険法が1927年に日本では施行されスタートしましたが、その後、国民健康保険法が戦後に制定されました。現在の日本の医療保険制度では、日本国民であれば、なんらかの医療保険に加入することが義務付けられている国民皆保険という仕組みが取られています。病気になったり、怪我をした時で...

≫続きを読む

医療保障制度の体系と概要

日本の医療保障制度の体系は、主に3つの医療保険制度に分類されます。医療保険制度国民皆保険制度に基づき、国民全員を対象とした制度。後期高齢者医療制度主に75歳以上を対象とした制度。公費負担医療制度国や地方自治体からの公費により医療費を負担する制度。その他の制度には、医療補償制度あり、労災保険や自賠責保...

≫続きを読む

医療保障制度の種類と保険者

日本の医療保険制度には、以下のような種類があります。大きな動きとしては、1926年以降、保険者である社会保険庁が運営していた「政府管掌健康保険(政管健保)」は、2008年10月より新たな保険者である法人「全国健康保険協会(通称:協会けんぽ)」に移管されました。主な理由は、年金の記録漏れなど度重なる不...

≫続きを読む

医療保険の種類と制度内容

 薬局に勤務する調剤薬局事務は、調剤報酬請求事務を行う場合、次の紹介する医療保険の種類や取り扱い申請についてもよく理解しておくべきです。代表的な医療保険の種類は2つ 社会保険(被用者保険)は健康保険法に基づいており、国民健康保険は国民健康保険法に基づいて制度運用されています。社会保険(被用者保険)の...

≫続きを読む

保険薬局と保険薬剤師とは

 医療保険制度に定めに基づき、薬局での調剤薬局事務の主要業務である保険調剤報酬の算定や、保険薬局での保険調剤などの業務が実施されています。また、申し出がない限り保険薬局では、居宅療養管理指導者として厚生労働省令に基づいて指定を受けることが可能で、薬剤師などが医師の指示事項に従い、在宅介護業務として薬...

≫続きを読む

病院と診療所の違い

病院と診療所の違いはここ病院の定義は、医師が医療行為を施す場所で、入院する場合に必要なベットなどの設備が20床以上常設されている医療機関を病院とすると規定されています。間違いやすいですが、総合病院と呼ばれているものは法律で定められたものではありません。診療所の定義は、病床数19床以下の医療機関のこと...

≫続きを読む

大きく変化した医療の取組方とは

最近ではIPS細胞に始まり、臓器移植、代理出産、医療事故など日々医療に関する新たな問題が発生しニュースなどで報道されています。医療問題などに関心をもつ方も多くなっていることも関係していますが、医療のあるべき姿について見直しが進んでいます。以前は医師や病院側に主導権がある形で医療が行われることが一般的...

≫続きを読む

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!


調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格