かかりつけ薬局、薬剤師、登録販売者の役割と仕事内容

薬剤師とは

 薬剤師は、医薬品全般に渡って幅広い専門知識を持つスペシャリストです。

薬剤師の役割
  • 処方せんに基づく調剤業務。
  • 患者への服薬説明。
  • 医療用医薬品から一般用医薬品至るまで薬全般を販売。
  • 薬の専門的な相談に応じる。
薬剤師の資格取得
  • 大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格すること。
  • 平成18年度から薬学部は6年制となる。
薬剤師の仕事場
  • 薬局や医療機関で調剤に携わる。
  • 学校での環境衛生管理
  • 医薬品の研究開発や製造に関与。

登録販売者とは

登録販売者の役割
  • 一般用医薬品の第2類、第3類医薬品を販売する。
  • 一般用医薬品の第2類、第3類医薬品の相談に応じる。
登録販売者の資格取得
  • 都道府県が実施する試験に合格し、都道府県知事の登録を受けること。

かかりつけ薬局とは

 自分の信頼できる“かかりつけ薬局”を見つけておくことは大切なことです。

処方せんで薬を調剤してもらう時や薬局で一般用医薬品を購入する時も、できるだけ同じ薬局で薬を入手するようにしましょう。

同じ薬が重なっていないか、薬の飲み合わせは大丈夫かを適切にチェックしてくれます。

かかりつけ薬局を選択する際の目安は、薬剤師会認定の「基準薬局」のマークがある薬局を選ぶといいでしょう。

「基準薬局」のマークがある薬局は業務内容などを審査し基準を満たした薬局が認定されます。

全国各都道府県の薬局情報をネットで検索

厚生労働省ホームページ「薬局機能情報提供制度について

このサイトは、日本中の薬局を様々な詳しい条件から検索できる便利なサイトです。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を3分で無料一括請求でき、じっくりと詳細内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

薬の分類方法|調剤事務 薬の知識
薬の分類方法のページでは、主な3つの薬の分け方について詳しく説明しています。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは|調剤事務 薬の知識
ジェネリック医薬品(後発医薬品)と新薬(先発医薬品)の違いやメリットについて解説しています。
健康食品の種類・機能|調剤事務 薬の知識
調剤薬局やドラッグストアで販売されてい健康食品の種類や機能性について解説しています。
プラセボとは|調剤事務 薬の知識
プラセボとは何か?新薬開発でのプラセボの影響や使用時の効果について解説しています。
薬を安全に使用するには|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で薬剤師から処方された薬を患者さんが安全に使用するための注意点を紹介しています。
薬を正しく使用するには|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で処方された薬を患者さんが正しく使用するため、説明文書,服用のタイミング,用法,用量,薬剤形状の4つのポイントを紹介しています。
薬の剤形と飲み方・使い方|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で処方される薬の効果を発揮しやすいような飲み方や薬の剤形の意味・使用時の注意点について解説しています。
薬の注意書きの意味|調剤事務 薬の知識
調剤薬局などの処方薬を服用する場合は、水で飲むのが基本です。ここでは薬の注意書きの意味、服用忘れの対処法について解説しています。
薬の使用時に特に注意すること|調剤事務 薬の知識
調剤薬局で処方された薬の使用時、高齢者が使用する場合や薬の飲み合わせは特に注意する必要があります。
薬の正しい保管方法|調剤事務 薬の知識
処方薬の正しい保管方法や注意点について解説しています。
薬の作用が変化する要因(吸収・分布)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の吸収・分布の作用が変化する要因について解説しています。
薬の作用が変化する要因(代謝)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の解毒・分解など代謝が変化する要因について解説しています。
薬の作用が変化する要因(排泄・食物)|調剤事務 薬の知識
体内で薬の排泄作用が変化する要因、薬の薬効を阻害する注意すべき食物ついて解説しています。
薬の副作用と防止する方法|調剤事務 薬の知識
薬の副作用と防止する方法について解説しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格