保険調剤薬局に関する基本的な疑問についてのQ&A

 ここでは、調剤薬局事務の資格取得を目指し、これから学習をスタートしようとしている方が理解しておきたい、保険調剤薬局の基本的な疑問について紹介しています。

調剤薬局ってどんなところ?

 一般的には調剤薬局と呼ばれていますが、患者さんが医療保険を使える薬局という意味で正式には保険薬局と言います。

調剤薬局の特徴は、医師が患者さんに処方した薬剤を調剤できる施設と薬剤師という薬の専門家を持っているという点です。

保険薬局を法的に定義すると、健康保険法の規定に準じ療養給付の対象になる保険調剤とい呼ぶ業務を実施する施設を指します。

 具体的には、病院・歯科医院・診療所・クリニックなどの医療機関を受診した患者さんに対し、投薬が必要と医師が判断した場合、薬の種類を記載した処方せんが発行されます。

院内処方を行っていない病院の場合は、患者が処方策を持って保険調剤薬局に行き、受付窓口で調剤薬局事務員に手渡します。

処方せんを受け取った保険調剤薬局では、この処方せんで指示された内容に基づいて調剤を行いますが、この業務を法的に許可されている薬局を保険調剤薬局と呼びます。

医療用医薬品と一般用医薬品、調剤薬局が扱えるのは?

 薬を大きく分けると、医療用医薬品というものと、一般用医薬品というものに分類されます。

この2つの内で医療用医薬品を患者が服用する場合には、必ず医師による要不要の判断と、どんな薬を使用するか指示事項が記載された処方せんが必要となります。

 一方、大衆薬と一般的に言われているものが一般用医薬品のことを指し、この薬はスーパーやドラッグストアなどの販売店でも登録販売者がいれば売る事が可能で、私たちも自由に購入し使用することが可能です。

調剤薬局の事業収入は何で成り立っているの?

 調剤施設のないドラッグストアとは違い、調剤薬局には、薬剤師が在籍し業務を行っていますので、その医業経営の収入の多くは、医師が交付した処方せんに従い作業した調剤報酬になります。

この調剤報酬には、調剤基本科や調剤料で成り立つ調剤技術料と、薬学管理料などがあります。

調剤報酬に関する仕組みは、調剤報酬制度として法的に規定されていて、厚生労働省が2年毎に1回の頻度で改定が実施される仕組みとして維持・運営されてきました。

最近では、薬剤費が増加しているため、医療費の財政負担が増大し大きな社会問題になっています。なので、薬価の引き下げや調剤技術料の引き下げなどが検討されることが多くなってきました。

ドラッグストアとの違いは何?

 調剤業務が認められている保険薬局と違い、ドラッグストアでは一般用医薬品のみの販売が可能です。

ドラッグストアの店舗数は多く、どの地域に住んでいても利用できるので、風邪・腹痛・頭痛時に薬を購入した方も多いと思いますが、買ったお薬の費用は、全額自己負担での購入となります。

 一方、医師が処方した処方せんを持って調剤薬局に行き薬を購入した場合は、医療保険が適用される保険診療となり、多くは薬代総額の3割自己負担で購入できるので、安い値段でお薬を買うことが出来ます。

したがって、お薬代の患者3割自己負担分以外の費用は、調剤薬局事務が調剤報酬金額を計算して請求書を作成し、保険給付や保険証を発行している保険者という運営団体に請求することで、残7割の費用が支払われる仕組みになっています。

ドラッグストアでは調剤ができないので、このような業務はありませんし、薬の販売収入は全額患者さんからの売り上げで賄われていることになります。

調剤ができない、薬剤師がいない、調剤報酬請求業がない、という点がドラッグストアの大きな特徴といえます。

処方箋を取り扱えない薬局とは?

 ドラッグストアは薬を扱っている施設の一つですが、薬局の許可がないところでは、薬剤師が在籍して働いている場合でも、医師が発行した処方せんについての取り扱いはできません。

このようなドラッグストアでは、登録販売者などが一般用医薬品を取り扱っているケースがほとんどです。

また、元々は医師による処方薬、いわゆる医療用医薬品であったものが、一般用医薬品として区分が変更されスイッチOTC薬となったものもあり、自由にドラッグストアなどで買える薬も多くなっています。

薬局の店舗数は増加しているの?

 国や厚生労働省主導の医薬分業が推進され、定着してきたおかげで、薬局の店舗数は増加の一途をたどっています。

10月1日時点での店舗数を見てみると次のように増加し続けていることがわかります。

  • 平成19年 52,539
  • 平成21年 53,642
  • 平成23年 54,780
  • 平成24年 55,797
  • 平成29年 57,897

 

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

今後も重要性が増す調剤報酬請求事務
保険薬局を取り巻く社会環境に伴う調剤報酬請求事務を担う調剤薬局事務の重要性や今後の動向について紹介しています。
調剤報酬請求業務(レセプト業務)とは
調剤報酬請求業務(レセプト業務)とはなにかについて、このページで紹介しています。
調剤報酬とは何か
保険調剤と調剤報酬とは何か、調剤報酬算定の項目と計算の概略などについて説明しています。
調剤報酬点数表とは
厚労省や日本薬剤師会が公開している調剤報酬点数表の最新版です。
お薬代の計算例
調剤薬局事務が、実務でお薬代の計算をする例をこのページで紹介しています。
保険薬剤師や登録販売者とは何か
保険薬局に従事する専門職である保険薬剤師と登録販売者の資格や仕事の概要について紹介しています。
保険薬・後発医薬品について
保険薬とは何か、薬価基準の決め方、後発医薬品の定義や普及状況について解説しています。
調剤薬局の専門資格
調剤薬局に従事している専門資格職である薬剤師・登録販売者・調剤薬局事務の特徴について紹介しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格
ページトップへ戻る