調剤薬局事務の休暇の実情

調剤報酬請求事務のお仕事をしている勤務先にもよりますが、 一般的に民間経営の調剤薬局は、基本的に週休2日制になっている ところが多いようです。

ただし、休診日や営業日は、まちまちです。
医療関連事務のお仕事は、 月末月初に忙しいレセプト作業がありますので、その期間以外では交代制により週2日休暇をとることは可能です。

ただし、大手民間経営のドラッグストアなどは年中無休で営業して いますので、そこでの調剤薬局では該当しないこともあります。

診療所や個人病院では、週休2日制にしているところもありますが、 全体の割合からすると実施していない病院のほうが多いといえます。

診療所や個人病院で診療を夜遅くまで受け付けているところは、 交替制で複数の勤務時間を設けシフトを組んでいます。

診療所や個人病院のなかでも、特に歯科や皮膚科の病院は、サラリーマンなどの仕事勤め帰りの患者が多いので、 早番と遅番の交替勤務や労働時間でも短時間勤務や長時間勤務と いった形態をとって対応しています。

一方、総合病院や大学病院などの大きな医療機関では、 多くは1カ月に6日間休む4週6休体制になっています。またこれ以外にも月2日ほど交代で休暇をとれるようになっています。

このページのまとめとして言えることは、 医療関連事務のお仕事で正社員などで勤める場合、 年末年始やゴールデンウィークの長期休暇をとるのは非常に むずかしいと覚悟しておいたほうがよいと思います。

理由は、必ず月末月初にかけて毎月レセプト業務という仕事があり、この業務は避けることはできません。

当然、年末年始やゴールデンウィークにも重なります。
実際は勤め先の従業員数や勤務体制などにもより、 休みがまったく取れないとはいいませんが、一般企業のように、7日〜10日も続けて休みを取るのは非常に難しいでしょう。

医療関連のお仕事は、ゴールデンウィークなども交代勤務制で仕事をしているところが多いといえます。

就職する際は以上のことも参考にして確認するようにして下さい。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

調剤薬局事務の福利厚生
調剤薬局事務の福利厚生や休暇などの待遇面について紹介しています。
調剤薬局事務の勤務時間の実情
調剤薬局事務の勤務時間の実情について、就業時間や残業、忙しい日などについてこのページで紹介しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格