レセプトコンピューターへの入力内容と健康保険適用外の処方箋について

 現在、薬局ではレセプトコンピュータ(レセコン)が導入されており、処方せんの内容を入力すると調剤報酬を自動的に算定できるようになっています。

患者さんの情報をレセコンに入力すれば、新規で来局する患者さんなのか、再来局の患者さんなのかがすぐわかるようになっています。

新規来局患者の入力内容

 初めて薬局を訪れた患者さんを受付する場合は、問診表と処方内容で収集した内容をレセプトコンピュータ(レセコン)の入力手順通りに入力します。

調剤報酬の算定の基本となるレセコン入力は正確に入力する必要があります。

薬袋や基本情報提供にレセコンの入力内容が反映されるケースも多いので、適正かつ丁寧に入力することが求められます。

再来局患者の入力内容

 患者さんが再来局した際の受付も、新規来局患者と同様に正確かつ慎重に、前回との相違点をしっかり確認しながらレセコンに入力する必要があります。

なぜなら、基本情報提供や薬袋にレセコンの入力内容が反映されるからです。

健康保険が適用されない処方箋の種類

労働災害時の処方せん

 通勤途中や業務中の事故・災害などで労働者が負傷したり疾病を起こした場合は、労災保険が適用され健康保険は使用できません。

労災時の処方せんについては、療養の給付請求書の提示を患者さんにお願いします。

この時の様式は、以下のようになりますが、会社名、勤務先住所、傷病の経緯などの記載事項に漏れや誤りがないかを確認します。

  • 仕事中の傷病:告示様式第5号
  • 仕事中の傷病で以前に受診した場合:告示様式第6号
  • 通勤中の傷病:告示様式第16号
  • アフターケアの場合:健康管理手帳

交通事故などの処方せん

 交通事故により傷病を負った場合も、健康保険は原則適用されないので、処方せんを受けた際、自費扱いで処理します。

保険会社の連絡先がわかり、治療費の一括請求を薬局から行うように依頼されれば、月単位で保険会社に請求し、患者さんには自費で支払ったお金を返金します。

医師の指示が必要な処方せん

 自由診療など保険診療の対象外になりますが、医薬品で医師の指示が必要な場合は、保険診療での処方せんに準じた記載内容となるので、保険診療での処方せんと同様の確認が必要になります。

自由診療なので薬局独自で費用を決定しても問題はありませんが、自費に準じるケースがほとんどです。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

調剤薬局事務の業務の流れと職場
調剤薬局で日々行われている仕事の流れと仕事の概要、調剤薬局事務の業務と役割、求められる能力やスキルなどについて紹介しています。
薬局の受付業務|調剤薬局事務
薬局で調剤薬局事務員が行う受付業務の手順と内容について解説しています。
処方箋(院外処方箋)の受付|調剤薬局事務
調剤薬局事務の仕事内容として、処方箋(院外処方箋)の受付業務についてはどのような仕事なのかを説明しています。
患者さんに対する接遇対応|調剤薬局事務
調剤薬局事務の仕事内容として、患者さんへの対応業務についてはどのような仕事なのかを説明しています。
調剤禄と処方箋の保管|調剤薬局事務
調剤薬局事務の仕事内容として、調剤禄と処方箋の保管業務についてはどのような仕事なのかを説明しています。
薬袋、薬札、薬情の作成・印刷|調剤薬局事務
調剤薬局事務の仕事内容として、薬袋、薬札、薬情の作成・印刷業務についてはどのような仕事なのかを説明しています。
お薬手帳の発行、印刷|調剤薬局事務
調剤薬局事務のお仕事では、お薬手帳の発行や印刷も行いますが、なぜお薬手帳が必要なのかについてもこのページで説明しています。
薬歴の作成目的・形態・運用|調剤薬局事務
調剤薬局事務として、薬歴を作成することの意味や目的、形態と運用について解説しています。
薬歴の構成と基本情報の記載内容|調剤薬局事務
調剤薬局事務として、薬歴(薬剤服用歴情報)を作成する際の構成と基本情報の記載内容について解説しています。
薬歴への薬剤服用履歴と経過記録の記載内容|調剤薬局事務
調剤薬局事務として、薬歴(薬剤服用歴情報)を作成する際の薬剤服用履歴と経過記録の記載内容について解説しています。
薬局の会計業務|調剤薬局事務
調剤薬局事務の患者さんに対する最終のお仕事としては、会計業務があります。このページでは会計業務について説明しています。
調剤報酬明細書(レセプト)作成と返戻|調剤薬局事務
調剤薬局事務としての仕事で最も重要な調剤報酬明細書(レセプト)作成の意味や注意点、レセプト提出後の返戻とは何かなどについて説明しています。
調剤薬局事務の雑務的な仕事
調剤薬局事務のお仕事の範囲は非常に広範囲に渡ります。ここでは、レセプト作業などのメインでのお仕事以外には、どんな仕事をしなければいけないのかを紹介しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格