独学で調剤薬局事務の資格取得を目指す

独学で調剤薬局事務の資格取得を目指せる人の条件

調剤薬局事務の資格取得を独学で目指す場合、初学者がいきなり自分一人で勉強し試験に合格するまでもっていくことは大変難しいと思います。

医療系の事務は一般事務と違って専門用語や専門知識について学ぶ必要があるので、理解できない内容や疑問点などの壁にぶちあった場合、自分ではなかなか解決できず途中であきらめ投げ出してしまう可能性が有ります。

但し、調剤薬局事務や医療事務は資格がなくても仕事に就くことはできますので、仕事の実務経験はあるが資格は取得していないという方もおられます。

この様な方は、ステップアップのために独学で学んでも内容は既に理解しているので、しっかりとポイントをつかみ勉強すれば資格を取得することも可能でしょう。

調剤薬局事務の資格を独学で取得する場合のメリットとデメリット

独学で取得する場合のメリット

費用がかからない

独学の大きなメリットは、費用がほとんどかかりません。
市販の教材費と受験料がそれぞれ5千円程度で合計でも約1万円くらいです。

独学で取得する場合のデメリット

デメリット1

市販の参考書やテキストの種類が非常に少ない
デメリットとしては市販されている参考書、テキストや教材の種類が少なく、アマゾンでは次のような資格試験の参考書しか販売されていません。

  • 調剤報酬メインテキスト 第13版2校 調剤報酬請求事務専門士検定協会
  • 処方せん問題集 第12版 調剤報酬請求事務専門士検定協会

    ちなみに上記の調剤報酬請求事務専門士検定は、難易度が一番高い資格です。

デメリット2

受験できる資格が限定される
調剤薬局事務の資格には、試験の主催団体が指定する教育機関での講座受講と修了を受験できる資格条件にしているところもありますので、どうしても受験できる資格が限定されます。

デメリット3

在宅受験ができないので条件的に不利
調剤薬局事務の資格は7種類ありますが、通信講座を受講すると在宅受験が可能でテキストや資料を見ながら資格試験を受けることができるスクールが多いですが独学の場合は適用されないので条件的に不利になります。

上記の調剤報酬請求事務専門士の資格試験などは、難易度が高い上に会場試験になります。

よほど自信を持って試験に臨まないと合格は難しいです。

デメリット4

受験料が高くつく可能性がある
通信講座などでは、スクール側がしっかりと試験の重要ポイントについて指導してくれますが、独学では全くわからず、一発で合格できる保証はありません。

もし不合格になれば、受験のたびに5千円程度の出費が重なりますし合格までに時間がかかります。

トータル的に考えれば、最初からスクールで講座を受講すればよかったというようなことにもなりかねません。

初学者が独学で資格取得を目指す場合、
資格取得者又は調剤事務で実際勤務している方に、直接わからないことや疑問点を尋ねて指導してもらえる環境にある場合は、調剤薬局事務の資格にチャレンジし合格を勝ち取ることも可能かもしれませんが、そうでない場合はあまりお勧めできません。

かえって時間がかかり遠周りになる可能性があります。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を3分で無料一括請求でき、じっくりと詳細内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

自分に合った調剤薬局事務の勉強法を判定?
自分のライフスタイルや生活パターンに最適な調剤薬局事務の勉強法を診断し判定できます。
通信・通学・独学の勉強法の特徴
通信講座・通学講座・独学での勉強法について、それぞれの特徴・メリット・デメリットを比較!
在宅受験可能な調剤薬局事務の資格試験
調剤薬局事務の資格試験は、在宅受験可能でテキスト資料も持ち込みOKなので他の資格より有利!
調剤薬局事務の試験勉強で自分のヤル気にスイッチを入れるには
調剤薬局事務の試験勉強をヤル気にさせるには、キッカケを作るのがコツです。ここでは、ヤル気スイッチの入れ方を紹介します。
調剤薬局事務に取組み始める切っ掛け
調剤薬局事務の勉強に取り組み始める強烈な切っ掛けの作り方とは?
社会人の資格勉強にはコツがある
社会人が調剤薬局事務の資格勉強をする場合には、時間の取り方や勉強の進め方などのコツがあります。このページでは飛躍的に勉強が進むコツを紹介しています。
もっと忙しい人の上手な勉強法とは
社会人でも特に忙しい人が調剤薬局事務の資格勉強をする場合には、隙間時間の取り方や勉強する前の準備、体制を整える必要があります。このページではさらに効率的な勉強法を紹介しています。
調剤事務資格の学科試験問題例
調剤薬局事務の資格試験に出題された学科試験問題を実例として紹介しています。
調剤事務資格の実技試験問題例
調剤薬局事務の資格試験に出題された実技試験問題を実例として紹介しています。
調剤薬局事務からキャリアアップするには
調剤薬局事務の資格からさらにキャリアアップを目指せる資格について紹介しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格