調剤報酬明細書(レセプト)作成の重要性と注意点、レセプトの返戻について

レセプト作成と返戻について

 調剤薬局事務の仕事の中でもレセプト業務は、大変重要な仕事になります。

現在の日本ではほとんどの患者さんが、保険(国民健康保険、政府管掌健康保険 etc.)に加入しているので診察料や薬代が一部負担(3割負担)になっています。

よって調剤薬局としては患者さんから一部負担金を窓口で徴収し、残りの料金は保険者(国民健康保険や保険組合)に請求することになります。

このように保険者に請求する業務を、レセプト業務(調剤報酬請求業務)と呼びます。

 調剤薬局事務としては、厚生労働省が定めている調剤報酬点数表に基づいて点数を算定したレセプトを作成していきます。

毎月のレセプト(調剤報酬明細書)は処方箋の受付日ごとに記載した調剤録を基にして作成していきます。 作成後、国保連合会や支払い基金に提出します。

 提出するレセプトについては、国保連合会と呼ばれている組織で、レセプトにミスがないかを医科歯科レセプトと調剤のレセプトを照合してチェックされます。

チェック後、万一、ミスが発見された場合は、レセプトを調剤薬局側で訂正させるために調剤薬局へ間違っているレセプトを送り返します。

これを返戻(へんれい)と言います。返戻(一度差し戻し)されたレセプトは修正をしてすみやかに再提出しなければなりません。

もし返戻が起きてレセプトが保険者に受け取られないと、調剤薬局は報酬の支払いを受けれなくなり収益があがりませんので、経営上大きな損失をこうむる場合があり得ます。

以上のようにレセプト業務は、調剤薬局の収入に影響する重要なお仕事になります。

レセプト作成時の注意点

保険薬局(調剤薬局)では患者さんの自己負担分以外の調剤費用については、レセプトを作成し、保険者に調剤報酬の請求をしますが、薬局の事業収入の内、保険者から支払われる調剤報酬請求費が大半を占めているのが実情です。

 現在では、レセプトコンピューター(レセコン)の導入がされていますが、昔は、レセプトの作成はすべて手書きで行われ大変な仕事だったようです。

レセプトコンピューター(レセコン)のソフトを使用すると、薬名を入力すれば厚生労働省が定めている「調剤報酬点数表」というものに基づいて決められている薬の点数を、自動的に検索してくれるような機能がすでに標準実装されているようです。

しかし、そのようなすばらしい機能をもったコンピューターでも、実際は人が操作しますので、どうしてもキーの打ち間違いやミスということが起こります。

このことからレセプトの作成が終了しても、再度レセプト内容について目視確認を確実にする必要があります。

 レセプトは、月の初めにすることが多いようで、月単位で請求先ごとに、患者さんのすべてのデータ管理を行う必要がありますので、仕事量としてもかなり多くなってきます。

ですから、レセプト作成の期間は、調剤薬局事務の人の残業は常習化しているようです。

しかも、1週間強くらいの短期間でこの業務をこなす必要があるので、調剤薬局事務の仕事をしている人にとっては、結構大変な仕事になっているようです。

またレセプト作成の期間では、大きな医療機関や病院で、調剤薬局事務の従業員を募集する場合もあります。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

薬局の受付業務|調剤薬局事務
薬局で調剤薬局事務員が行う受付業務の手順と内容について解説しています。
処方箋(院外処方箋)の受付|調剤薬局事務
調剤薬局事務の仕事内容として、処方箋(院外処方箋)の受付業務についてはどのような仕事なのかを説明しています。
レセプトコンピューターへの入力|調剤薬局事務
医療事務のメイン業務になるレセプトコンピューターへの入力手順と内容について解説しています。
患者さんに対する接遇対応|調剤薬局事務
調剤薬局事務の仕事内容として、患者さんへの対応業務についてはどのような仕事なのかを説明しています。
調剤禄と処方箋の保管|調剤薬局事務
調剤薬局事務の仕事内容として、調剤禄と処方箋の保管業務についてはどのような仕事なのかを説明しています。
薬袋、薬札、薬情の作成・印刷|調剤薬局事務
調剤薬局事務の仕事内容として、薬袋、薬札、薬情の作成・印刷業務についてはどのような仕事なのかを説明しています。
お薬手帳の発行、印刷|調剤薬局事務
調剤薬局事務のお仕事では、お薬手帳の発行や印刷も行いますが、なぜお薬手帳が必要なのかについてもこのページで説明しています。
薬歴の作成目的・形態・運用|調剤薬局事務
調剤薬局事務として、薬歴を作成することの意味や目的、形態と運用について解説しています。
薬歴の構成と基本情報の記載内容|調剤薬局事務
調剤薬局事務として、薬歴(薬剤服用歴情報)を作成する際の構成と基本情報の記載内容について解説しています。
薬歴への薬剤服用履歴と経過記録の記載内容|調剤薬局事務
調剤薬局事務として、薬歴(薬剤服用歴情報)を作成する際の薬剤服用履歴と経過記録の記載内容について解説しています。
薬局の会計業務|調剤薬局事務
調剤薬局事務の患者さんに対する最終のお仕事としては、会計業務があります。このページでは会計業務について説明しています。
調剤薬局事務の雑務的な仕事
調剤薬局事務のお仕事の範囲は非常に広範囲に渡ります。ここでは、レセプト作業などのメインでのお仕事以外には、どんな仕事をしなければいけないのかを紹介しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格