調剤薬局事務が実務で行うお薬代(調剤報酬)の算定例

調剤薬局事務が、実務でお薬代の計算(調剤報酬の算定)をする例としては以下のようなものになります。
参考にして下さい。

お薬代の計算方法について

お薬代金の計算方法について
【質問
病院で薬をもらう場合、A薬を、
@1日1錠として、2週間分もらうときの支払い金額
A1日3錠として、2週間分もらうときの支払い金額は、
Aの方が@の3倍支払うことになるのでしょうか?

普通に考えればそうなると思うのですが、どうなんでしょうか?

【回答】
お薬の薬価が1錠10円とし薬局の場合で計算します。

@1日1錠、2週間分の金額計算例 調剤基本料 40点
薬剤服用歴管理指導料 30点
調剤料 56点
薬代 14点(1錠×14日=14点)
合計140点になり全額で 1,400円
患者負担3割で420円

A1日3錠、2週間分の金額計算例 調剤基本料 40点
薬剤服用歴管理指導料 30点
調剤料 56点
薬代 42点(3錠×14日=42点)
合計168点になり全額で 1,680円
患者負担3割で500円

1日3錠になった場合、薬代が違ってくるだけなので、薬代が42点になり、
1,680円の3割で500円が患者負担となります。

この結果からいえるのは、
患者さん側からは、できるだけお薬はまとめてもらったほうがお得になります。

1日3錠を処方してもらい、1日1錠を飲めばかなり医療費の節約になります。

ただし、調剤薬局側からすると、損するという結果になります。

調剤薬局事務の仕事に就く人にとっては、自分が処方箋を書くわけではなく、医師が処方するので関係のないことですが、参考程度に聞いておいて下さい。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!

関連ページ

今後も重要性が増す調剤報酬請求事務
保険薬局を取り巻く社会環境に伴う調剤報酬請求事務を担う調剤薬局事務の重要性や今後の動向について紹介しています。
調剤報酬請求業務(レセプト業務)とは
調剤報酬請求業務(レセプト業務)とはなにかについて、このページで紹介しています。
調剤報酬とは何か
保険調剤と調剤報酬とは何か、調剤報酬算定の項目と計算の概略などについて説明しています。
調剤報酬点数表とは
厚労省や日本薬剤師会が公開している調剤報酬点数表の最新版です。
保険調剤薬局とは
保険調剤薬局とは何か、事業収入は、ドラッグストアとの違いは、処方箋を取り扱えない薬局とは、薬局の店舗数は、などよくある疑問について紹介しています。
保険薬剤師や登録販売者とは何か
保険薬局に従事する専門職である保険薬剤師と登録販売者の資格や仕事の概要について紹介しています。

調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格