介護保険の被保険者の種類とその条件について

介護保険制度とは、40歳以上の国民が納める保険料と税金を財源として、運営されており高齢者などの介護が必要な人でも、自立した生活ができるように、国民みんなで介護が必要な人を支援したり、介護サービスを提供する制度です。

更に、介護予防を通じて人々が、従来の生活を安心して続けられるように、支援する仕組みでもあります。

介護保険制度は、現在の日本における高齢化社会に対応するために、制定された社会保険制度です。

長引く経済不況・生活不安などにより、人々の社会保障に対する関心・ニーズは、今後もますます高まってくるものと考えられます。

介護保険は強制加入保険で、原則40歳以上の人が加入しなければなりません。

介護保険の介護サービスを受けるためには、自分自身で要介護認定の申請をして、「要介護」「要支援」と認定されることが必要になってきます。

介護保険制度では、要介護度(介護の必要度を表す)のレベルにより、いろいろな介護サービスを受けることができます。

要介護認定では以下の介護サービスが提供されます。

「要介護」判定された方・・・介護給付が提供されます。
「要支援」判定された方・・・予防給付が提供されます。
「非該当」判定であった方・・・要介護・要支援になる可能性があれば、介護予防のプログラム(特定高齢者介護予防事業)が提供されます。

定期的な健診(年1回)等を通じて、要介護・要支援になる可能性があるかどうかチェックが行われます。

介護保険制度の保険者は各市町村になります。

介護保険のサービスを受けることが出来る被保険者は、
@65歳以上の方(第一号被保険者)
A40〜64歳の方(第二号被保険者)
になります。

介護保険料及びサービス内容は、各市町村によって異なります。

厚生労働省の定める項目に基づき基準額が各市町村ごとに設定されており、この基準額を基に介護保険料が算出されています。

介護保険制度とは、40歳以上の国民が納める保険料と税金を財源として、運営されており高齢者などの介護が必要な人でも、自立した生活ができるように、国民みんなで介護が必要な人を支援したり、介護サービスを提供する制度です。

 

更に、介護予防を通じて人々が、従来の生活を安心して続けられるように、支援する仕組みでもあります。

 

介護保険制度は、現在の日本における高齢化社会に対応するために、制定された社会保険制度です。

 

長引く経済不況・生活不安などにより、人々の社会保障に対する関心・ニーズは、今後もますます高まってくるものと考えられます。

 

介護保険は強制加入保険で、原則40歳以上の人が加入しなければなりません。

 

介護保険の介護サービスを受けるためには、自分自身で要介護認定の申請をして、「要介護」「要支援」と認定されることが必要になってきます。

 

介護保険制度では、要介護度(介護の必要度を表す)のレベルにより、いろいろな介護サービスを受けることができます。

 

要介護認定では以下の介護サービスが提供されます。

 

「要介護」判定された方・・・介護給付が提供されます。
「要支援」判定された方・・・予防給付が提供されます。
「非該当」判定であった方・・・要介護・要支援になる可能性があれば、介護予防のプログラム(特定高齢者介護予防事業)が提供されます。

 

定期的な健診(年1回)等を通じて、要介護・要支援になる可能性があるかどうかチェックが行われます。

 

介護保険制度の保険者は各市町村になります。

 

介護保険のサービスを受けることが出来る被保険者は、
@65歳以上の方(第一号被保険者)
A40〜64歳の方(第二号被保険者)
になります。

 

介護保険料及びサービス内容は、各市町村によって異なります。

 

厚生労働省の定める項目に基づき基準額が各市町村ごとに設定されており、この基準額を基に介護保険料が算出されています。
2000年から介護保険5去により設けられ 介護保険制度の仕組みを見ていきましょう。 介護保険制度のシステム 現在、わが国では急激な少子高齢化が進んでいます。 2025年には65歳以上の 高齢者の人口比率は30%にも達するといわれています(患者比率では50%以上と もいわれています)。  これらの社会環境と経済状況の変化により、医療保障の中の医療制度の改革だけ では、高齢者の医療や介護を支えることができなくなってきました。このような背 景の中、2000年に新しい社会保障制度として、介護保険制度が制定されました。 この介護保険は、高齢者に介護が必要な状態になったときに、可能な限り居宅にお いてその残存能力に応じて自立した日常生活を営むことを支援する制度です。  それまでも高齢者の介護を支える医療、保健、福祉の制度はあったのですが、それ ぞれが分かれた制度で支援していました。そのため、制度の内容がわかりにくく、利 用者が自由に選ぶことができなかったり、負担が公平でないなどの問題点もありまし た。 2000年に制定された介護保険制度は、これらの問題点も解決し高齢者におけ る医療、保健、福祉のサービスを総合的に効率よく給付するためのシステムです。 介護保険の被保険者 介護保険では、保険給付などの運営を行なう保険者は、市町村および特別区にな ります。被保険者は、40歳以上の住民で、介護保険法によって65歳以上が対象の 第1号被保険者と、40〜65歳未満が対象の第2号被保険者の2つに分かれます。  医療保険では被保険者を患者と称しますが、介護保険では利用者といいます。 介護保険の被保険者の種類とその条件 第1号被保険者 年  齢65歳以上 保険料市町村および特別区が年金などから徴収します。      保険料は市町村ごとに定めます。 給付条件要介護者・要支援者      (市町村への申請・認定を受けなければなりません) 給付内容状態区分に応じた支給限度の範囲内での給付 自己負担原則1割負担 第2号被保険者 年  齢40歳以上65歳未満の医療保険加入者 保険料各医療保険者が徴収します。      保険料は全国平均に基づき定めます。 給付条件特定疾病の要介護者・要支援者      (市町村への申請・認定を受けなければなりません) 給付内容状態区分に応じた支給限度の範囲内での給付 自己負担原則1割負担  特定疾病:がん末期・関節リウマチ・筋萎縮性側索硬化症・後縦靭帯骨化症・       骨折を伴う骨粗しょう症・初老期における認知症・進行性核上性麻痺 大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病・脊髄小脳変 性症・脊柱管狭窄症・早老症・多系統萎縮症・糖尿病性神経障害、 糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症・脳血管疾患・閉塞性動脈 硬化症・慢性閉塞性肺疾患・両側の膝関節または股関節に著しい 変形を伴う変形性関節症

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を最短3分で無料一括請求でき、最新の講座開講状況や内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!


調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格