介護保険制度とは何か?

介護保険制度とは、40歳以上の国民が納める保険料と税金を財源として、運営されており高齢者などの介護が必要な人でも、自立した生活ができるように、国民みんなで介護が必要な人を支援したり、介護サービスを提供する制度です。

更に、介護予防を通じて人々が、従来の生活を安心して続けられるように、支援する仕組みでもあります。

介護保険制度は、現在の日本における高齢化社会に対応するために、制定された社会保険制度です。

長引く経済不況・生活不安などにより、人々の社会保障に対する関心・ニーズは、今後もますます高まってくるものと考えられます。

介護保険は強制加入保険で、原則40歳以上の人が加入しなければなりません。

介護保険の介護サービスを受けるためには、自分自身で要介護認定の申請をして、「要介護」「要支援」と認定されることが必要になってきます。

介護保険制度では、要介護度(介護の必要度を表す)のレベルにより、いろいろな介護サービスを受けることができます。

要介護認定では以下の介護サービスが提供されます。

「要介護」判定された方・・・介護給付が提供されます。
「要支援」判定された方・・・予防給付が提供されます。
「非該当」判定であった方・・・要介護・要支援になる可能性があれば、介護予防のプログラム(特定高齢者介護予防事業)が提供されます。

定期的な健診(年1回)等を通じて、要介護・要支援になる可能性があるかどうかチェックが行われます。

介護保険制度の保険者は各市町村になります。

介護保険のサービスを受けることが出来る被保険者は、
@65歳以上の方(第一号被保険者)
A40〜64歳の方(第二号被保険者)
になります。

介護保険料及びサービス内容は、各市町村によって異なります。

厚生労働省の定める項目に基づき基準額が各市町村ごとに設定されており、この基準額を基に介護保険料が算出されています。

◆ 調剤薬局事務講座の受講を検討されている方へ!

下記サイトでは、通信講座や全国の通学講座費用・受講期間・特徴・開催場所などを一覧比較し、希望する講座案内資料を3分で無料一括請求でき、じっくりと詳細内容を比較検討できます。

調剤薬局事務の講座資料を無料一括請求し比較検討するならBrushUP学び!


調剤薬局事務
資格.info TOP
調剤薬局事務の資格
講座を徹底比較
調剤薬局事務の
通信講座
調剤薬局事務の
通学講座
効率的な調剤薬局事務の
資格取得法
調剤薬局事務に
関する資格